マウントゴックス事件とは

仮想通貨が誕生してから歴史が浅いですが仮想通貨を購入できる取引所の破綻や分裂騒動、セキュリティの甘さをついたハッキングなど仮想通貨に関連した事件や事故があとを絶たないイメージがありますね。その中でも世間を騒がせたのがマウントゴックス事件です。マウントゴックス(Mt.Gox)は東京都内にあった仮想通貨の一種であるビットコインの取引所です。2014年2月に突如全てのビットコインの取引を停止し、月末には民事再生の申請までなされてしまい、同社にビットコインを預けていた顧客は大損害を被りました。被害総額は85万ビットコイン、当時のレートで28億円相当に該当しますがその後何倍にも高騰しましたので心理的な被害も計り知れません。この事件をきっかけに仮想通貨の存在を知った方も多く、現在においても仮想通貨イコール得たいの知れないものという悪いイメージが知れ渡った事件であるとも言えます。メディアの報道も得たいの知れないコインを日本で得たいの知れないフランス人が運営してたという事実も不信感に拍車をかけた要因の一つです。

事件を詳しくみていくとマウントゴックスの破綻とビットコインの安全性には全く関係のない事件でした。同社はフランス人社長のカルプレス氏が経営し後から同社の帳簿を見てみるとどんぶり勘定でビットコインはシステム上で管理されないといけないところ、帳簿システムの上書き更新で管理されている事が分かったのです。それと同社はビットコインのトレードを活発に行いレートを吊り上げていた疑惑も拭えません。いつの間にか消えたコインなどという報道が目立ちますが実態は同社のいい加減なシステムを使用してビットコインを管理し、過剰な取引を繰り返しているうちに手に負えなくなり、社長自身も横領を繰り返していた訳です。

マウントゴックス事件の真相が明らかになった2015年にはカルプレス社長は警視庁に業務上横領等の容疑で逮捕され、その後検察庁に送検されました。

ブロックチェーンの技術は素晴らしい

ビットコインなどの仮想通貨の場合には、マイニングをする必要があります。マイニングとは仮想通貨を発掘をすることであり、これを行うことにより仮想通貨を増やすことが可能です。マイニングを行う場合には、現在ネット上にある様々な取引き履歴を一つにまとめる必要があります。これにより、整合性をとることができれば現在の仮想通貨の状態を把握することが可能になるでしょう。この時にブロックチェーンと呼ばれる技術が必要になります。
ブロックチェーンとは、取引きデータの技術のことを指しますが、これらの情報はネット上に散らばっているためまとめるマイナーとよばれる人が必要です。
なぜわざわざマイニングを行うかといえば、ことを通過は日本円などのように中央集権制度ではなくだれも管理していない状態だからです。例えば日本円の場合ならば、日本銀行の方で管理を行っていますのでわざわざ日本円を所有している人が管理する必要はありません。これに対して仮想通貨の場合は基本的に国家が管理しているものとは少し異なります。そのため、実際に仮想通貨を利用している人や所有している人がその通貨をマイニングする必要があります。ただ、それを行うためには膨大なデータ処理を行う必要はあるため特定の人間のみではできるものではありません。そこで、マイナーと呼ばれる人たちを募集しブロックチェーンの解読を行いますが、大量の電気代と専用の機器が必要ですので無料で行う人はいないでしょう。このときお礼として仮想通貨を発行することで参加者を募集するわけです。
ただ、ブロックチェーンの解読することに時間を費やしたとしても結果を出すことができなければ仮想通貨を手渡すことはできません。
マイニングを行う場合には、通常パソコンを持っていることが条件ですが、それだけではなく専用の道具も必要になってきます。一番流通量が多いビットコインでは、マイニングを行うことでコインを増やすことができますが、流通量が決まっているのが特徴です。

おまとめローンに救われました

当時、80万円の高級自転車を購入する為に、私は金融業者から50万円を借りましたから、手元には殆どお金は残りませんでした。
金融業者から遅れ気味であるという督促も忘れて、買った自転車に夢中でした。
また、私は旅行に出掛ける為の資金として、別の消費者金融業者から10万円を借りて数週間の旅行を楽しみました。
しかし突然会社の業績は斜陽になり、ボーナスどころか給料の20%カットが発表されました。
それに加えて、ローンで借りたお金は利息と損害遅延金が加わり、予想外の金額に膨れ上がっている事に気が付いたのです。
これは何とかしなければと考え調べてみると、あるWEBサイトにおまとめローンという記事を見つけました。
どの様なサービスかというと、複数の金融業者の多重債務から脱出させる為のテクニックと書かれていました。
でも具体的にどの様に事を進めれば良いのかというのが、判りませんでしたので話を聞いて見る事にしたのです。
すると、受話器越しのテレフォンオペレーターは、次の様に説明してくれました。
一番目に行う事は現状把握という事で、現在の自分の抱えている借金の具体的な金額や金利をチェックする事から始めます。
肝心なのは客観的に把握する事でもあるので、紙に借りている金額と利息等の情報を一覧表に書き出します。
私の場合は借入件数は2件なので、一本化するのは難しく無いだろうというアドバイスを貰いました。
二番目には、利用している金利の安い金融業者と、それよりも金利の低い銀行カードローンに申し込みます。
ここで注意したいのは、ごくノーマルなカードローンを選択する事です。
三番目には、おまとめローンの審査をクリアーしたら、過去の借り入れを完済します。
そして、私は今いる会社に移った今でも、借金を少しずつ返済しています。
私は、おまとめローンというサービスが無ければ、どうなっていたのかと思うと身震いする思いと、感謝の気持ちで一杯です。

カードローンとキャッシングの具体的な特徴とは

キャッシングですと貸してもらった金額を借りた翌月になれば全て帳消しにすることが通常です。その一方、カードローンは、分割して払ったり、リボ払いで債務を償却するといった形を取っているのです。2つが違う点ははもともとは弁済の形式にあると言えますが、最近で言うとあまり両者の差が無くなりつつあります。大体、に現金自動預払機ですとかCDなど用いることで現金の融資を受けるキャッシングですが、弁済手続は一度に支払うのが基本となります。とは言え、今ではリボで払うことも利用する人が増えているようなので、カードローンに対する違う点が特には明確ではありません。代金の支払いをクレジットカードでする際、その次月一括払いである時は基本は金利はありません。キャッシングサービスによって貸して貰う事は簡単なことではありますが利子がプラスされていってしまいます。そして、こう言う僅かな違いがどんどん重なって行くことによって巨大な差となって行くのです。仮に、借り入れた現金を何に使用するのか決まってているのでしたら、やはり利子の少ない目的ローンが結果的にお得になります。ですが、チェックが厳しく行われる事や、時間が掛かる等の欠点がある事からキャッシングや無目的貸し出しなどを選び取るといったも多くある様です。例え同じ条件でも、取り扱う会社やサービスの種類次第で私たちがする手続きの手法や利息に違うところが出ることもあります。それを避けるべく前もって各々の企業の差を確かめておけば、今よりずっと便利と思われる手続で借り入れる事ができます。

クレカは比較サイトを事前に確認

アルバイトやパートの方は、クレジットカードを利用することができないと思っていませんか。
しかし、じっくりと消費者金融を比較することで、アルバイトやパートの方も利用できるカード会社があることが分かります。
今や多くの方が、クレジットカードを持っています。
あるだけで、ショッピングをする際にも便利になり、お得に買い物することができます。
店頭でパパッとお支払いを完了させてしまうことも可能ですが、ネットショッピングなどで利用することで代引き手数料が無料になるなどのメリットもあるでしょう。
様々なメリットがあるカードとなっていますが、アルバイトやパートの方が利用したいのであれば審査が通りやすいカード会社のものを選ぶことをおすすめします。
自分に合ったカード会社がどこなのか分からないという方も多くいますが、そういった方は申し込みを行う前に比較サイトやランキングサイトなどを利用してみるといいでしょう。
比較サイトやランキングサイトをチェックすることで、初めて申し込みをする方もそれぞれのカード会社のメリットやデメリットをきちんと確認することが可能なので自分に合ったクレジットカードを利用することができるようになります。
また、詳しい申し込み方法などもチェックすることが可能なので、手間や時間をかけることなく申し込みが完了してしまうのも嬉しい点と言えます。
また、アルバイトやパートの方でも審査が通りやすいカード会社を効率良く知れるだけでなく、審査が通るコツも確認できるのでとても便利です。

より良い業者と確実に出会うには

より良いローン業者というのは、長期的に付き合いやすい業者であると言われています。
どうしてかというと、そもそもローンというのは、返済が終了するまで長い付き合いをすることが前提のサービスです。
つまり、ローンを利用するということは、1つの業者と長く付き合っていく必要があるということになります。
そして、ローンにおける悪徳業者や詐欺業者は、最初は良質なサービスを謳うものの、長期的に付き合っていくと馬脚を現し、様々な要求を突きつけてくる業者のことを指す場合が多いです。
反対に、ローンにおける優良業者というものは、最初はあまりパッとしない印象があるかもしれませんが、長期的に付き合っていくと、色々と優遇してくれるサービスがあったり、何かトラブルが起こった際には親身に対応してくれるような業者を指す場合が多いのです。
このように、ローン業者における善し悪しというものは、単純に目に見えるサービスが優れているだけでは分からないものなのです。
だからこそ、確実に優れた業者を見つけるためには、利用者の感想や口コミを見るのが一番効果的であると言えます。
ネット上には感想サイトや口コミサイトがあるので、そういったコンテンツを視聴すれば、実際に利用している人や、利用し終わった人が、どんな体験をしたのか、どんな対応をしてくるのかなどの情報を知ることができます。
そしてそういった情報を参考に、長期的に付き合いやすい業者を選ぶことが、より良い業者を確実に選ぶ上で重要なのです。