おまとめローンに救われました

当時、80万円の高級自転車を購入する為に、私は金融業者から50万円を借りましたから、手元には殆どお金は残りませんでした。
金融業者から遅れ気味であるという督促も忘れて、買った自転車に夢中でした。
また、私は旅行に出掛ける為の資金として、別の消費者金融業者から10万円を借りて数週間の旅行を楽しみました。
しかし突然会社の業績は斜陽になり、ボーナスどころか給料の20%カットが発表されました。
それに加えて、ローンで借りたお金は利息と損害遅延金が加わり、予想外の金額に膨れ上がっている事に気が付いたのです。
これは何とかしなければと考え調べてみると、あるWEBサイトにおまとめローンという記事を見つけました。
どの様なサービスかというと、複数の金融業者の多重債務から脱出させる為のテクニックと書かれていました。
でも具体的にどの様に事を進めれば良いのかというのが、判りませんでしたので話を聞いて見る事にしたのです。
すると、受話器越しのテレフォンオペレーターは、次の様に説明してくれました。
一番目に行う事は現状把握という事で、現在の自分の抱えている借金の具体的な金額や金利をチェックする事から始めます。
肝心なのは客観的に把握する事でもあるので、紙に借りている金額と利息等の情報を一覧表に書き出します。
私の場合は借入件数は2件なので、一本化するのは難しく無いだろうというアドバイスを貰いました。
二番目には、利用している金利の安い金融業者と、それよりも金利の低い銀行カードローンに申し込みます。
ここで注意したいのは、ごくノーマルなカードローンを選択する事です。
三番目には、おまとめローンの審査をクリアーしたら、過去の借り入れを完済します。
そして、私は今いる会社に移った今でも、借金を少しずつ返済しています。
私は、おまとめローンというサービスが無ければ、どうなっていたのかと思うと身震いする思いと、感謝の気持ちで一杯です。

カードローンとキャッシングの具体的な特徴とは

キャッシングですと貸してもらった金額を借りた翌月になれば全て帳消しにすることが通常です。その一方、カードローンは、分割して払ったり、リボ払いで債務を償却するといった形を取っているのです。2つが違う点ははもともとは弁済の形式にあると言えますが、最近で言うとあまり両者の差が無くなりつつあります。大体、に現金自動預払機ですとかCDなど用いることで現金の融資を受けるキャッシングですが、弁済手続は一度に支払うのが基本となります。とは言え、今ではリボで払うことも利用する人が増えているようなので、カードローンに対する違う点が特には明確ではありません。代金の支払いをクレジットカードでする際、その次月一括払いである時は基本は金利はありません。キャッシングサービスによって貸して貰う事は簡単なことではありますが利子がプラスされていってしまいます。そして、こう言う僅かな違いがどんどん重なって行くことによって巨大な差となって行くのです。仮に、借り入れた現金を何に使用するのか決まってているのでしたら、やはり利子の少ない目的ローンが結果的にお得になります。ですが、チェックが厳しく行われる事や、時間が掛かる等の欠点がある事からキャッシングや無目的貸し出しなどを選び取るといったも多くある様です。例え同じ条件でも、取り扱う会社やサービスの種類次第で私たちがする手続きの手法や利息に違うところが出ることもあります。それを避けるべく前もって各々の企業の差を確かめておけば、今よりずっと便利と思われる手続で借り入れる事ができます。